« 大磯沖マダイ3連発! | トップページ | 丸干が煮付けになっちゃった。 »

2018年6月24日 (日)

タイを煮付けて食べるたい

 さて、釣れたマタイを料理して食べることにしましょう。今までマダイを釣ったことはあっても、さばくのがメンドくてなかなか我が家で食べなかったのですが、そろそろ魚料理の幅も広げたいところなので、チャレンジしてみることにしました。っても、そんな凝ったレシピではなく、至って簡単な煮付けですけどね。それにしてもクックパットってありがたいですね。家庭的な視点でどんなメニューでも調理できるよう解説されているんですからね。今回も大いに参考になりました。

Img_8294 美味しく食べてね。

 先ずやっておかなければならないことは、マダイの中でお暮らしになっている居候君たちにご退去いただくことです。別に気にならなければそのままいてもらっても良いのですが、万が一目に触れてしまった場合、食欲を落としかねない方たちなもので・・・今回は食のネタなので、彼らのご紹介は次回にしておきましょう。

Img_8304 ×入れて・・・北斗の拳かよ。

 先ず下処理をしていきます。マダイは鱗がきつい魚なので、しっかりと鱗を落とします。今までマダイ料理を遠ざけてきた原因がこの鱗落としがめんどくさかったからです。次に内蔵とエラを取って側面に×型の飾り包丁を入れましょう。「飾り包丁」とはいえ、これは大きめの魚に火が通りやすいようにするためです。下処理した魚に酒をふりかけたら、20分ほど冷蔵庫で寝かせます。

Img_8305 いやぁ~酒に風呂に極楽だね。

 冷蔵庫で寝かせた魚を取り出したら熱湯をかけます。酒で寝かせて更に熱湯をかけることで魚の臭みを消す処理らしいんですが、後になって思えば、魚が新鮮だったのでその必要はなかったかもしれません。

Img_8306 何か寂しいよなぁ~

 鍋だと煮た後に魚が崩れてしまうので。広めのフライパンを使って煮付けることにしました。水2:酒2:みりん1:醤油1に砂糖大さじ3杯を入れ、生姜を摺り下ろした(今回はチューブでしたが)煮汁にマダイとじゃがいもを入れました。参考レシピには、レンコンやゴボウなどの根菜と煮るのが良いと書いてあったのですが、家の中には見当たらなかったので、目が伸びきって何とも毒々モンスター化していたじゃがいもをスライスしていれました。

Img_8311 やっぱ葬送は華やかでなくちゃ。

 フライパンで送られるマダイが少し寂しそうな顔をしていたので、何かないかと思案していると、かみが「冷蔵庫にパプリカが入っているよ。もうすぐ腐っちゃうから」と勧めてくれました。毒々ポテトに腐りパプリカ・・・魚の王者マダイに失礼だろ!とは決して言えませんけどね(汗)

Img_8307 旅立たれます・・・合唱

 アルミホイルを落し蓋代わりに乗せて煮付けましょう。

Img_8313 美味しくなっちゃった♪

 美味しそうに仕上がったマダイ2尾。我が家とババに1尾ずつ。盛りつけをしていると・・・

Img_8320 あー!早っ
 お魚大好き盗賊団が一の膳です。

« 大磯沖マダイ3連発! | トップページ | 丸干が煮付けになっちゃった。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

下ごしらえした鯛をそのまま研いだ白米と一緒に土鍋に。
その上からしょうがを細く切ったものを乗せて炊いてみると鯛めしの出来上がりでございます。
多少手間だけど、食べる前に身をほぐして骨を取ってあげると皆さん美味しく食べれますよ。

後はキントキの時にした雑炊とかでも良いですな。(多少勿体ない感がありますが・・・・)

さすが料理巧者。鯛飯も考えましたが、やはりお手軽な煮付けにしてしまいました。今度サクラエビご飯ならぬタイノエご飯なんてどうでしょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73739242

この記事へのトラックバック一覧です: タイを煮付けて食べるたい:

« 大磯沖マダイ3連発! | トップページ | 丸干が煮付けになっちゃった。 »