« 山行 ブナの広がる魅惑の森 三国峠周辺その2 | トップページ | ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め »

2018年6月 9日 (土)

山行 カヤトの原に風たちぬ 三国峠周辺その3

 三国山から三国峠に戻った山笑。今度は峠を挟んで北にある鉄砲木ノ頭(明神山)に登ります。7年前の大晦日にババ、天然児の三世代編成で登った思い出の山です。あの時、山頂からは富士山の素晴らしい展望が得られました。

P1020145 山頂の展望(平成23年12月)

 日当たりの良い南向きの斜面を登っていくと汗が流れてきます。富士山の火山灰が堆積する登山道沿いには各種のウツギの木が多いですが、既に花の見頃は終わっていました。

Img_8168 ヤブウツギはもう終わり

Img_8171 ウツギとスイカズラ
 足元には、ジシバリ、キンポウゲ、ツルキンバイ、キジムシロ、コナスビ、フタリシズカ、サンリンソウ、ヘビイチゴなど多種の白や黄色の花が咲いていました。

Img_8145 コナスビ
Img_8149 フタリシズカ
 山の西側は一面のカヤト(萱所)の原になっています。かつて、山中湖畔、平野集落で茅葺き家屋の葺替えに使用されていたのでしょう。振り返って見る三国山の鬱蒼としたブナ林とは対照的に青々とした草原と空が広がっています。陽気は暑いのですが、時折雲が日光を遮ると爽やかな風が渡っていました。

 誰が風を見たのでしょう 僕も貴方も見やしない けれど木の葉を震わせて 風は通り抜けてゆく・・・

Img_8144 空に憧れて~♪
Img_8164 振り返ると三国山稜
 峠からものの20分で鉄砲木ノ頭(明神山 1291m)です。山中諏訪神社奥宮が鎮座する山頂からは、晴れていれば真正面に富士山が大きく、見下ろす山中湖の先には南アルプスの山並み。振り返ると御正体山を中心とした都留の山々を望むことができます。あいにくこの日、富士山は雲に覆われていましたが、見下ろす霞んだ山中湖は何とものどかでした。

Img_8157 山頂から富士山と山中湖

 テッペンカケタカ・・・誰一人いない静かな山頂には、ただホトトギスの鳴き声だけが聞こえていました。

Img_8165 プチ砂走り

 下山は真っすぐな火山灰の道を下ります。遮るものもなく、まるで富士山の砂走りを思わせる道を駆け下りていきました。三国峠までの所要時間はなんと10分(笑)

 三山三様。梅雨入り前の爽やかな初夏の山をつまみ食いできました。

« 山行 ブナの広がる魅惑の森 三国峠周辺その2 | トップページ | ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/73649811

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 カヤトの原に風たちぬ 三国峠周辺その3:

« 山行 ブナの広がる魅惑の森 三国峠周辺その2 | トップページ | ガンダムとラグビーの街 上井草で御朱印集め »